2013年も9月に入りました。まだまだ暑いですね。

さて、先週、金曜日のドル円はほぼ値動きなく、豪ドル円は小幅に下落しました。

ドル円は、今後の展開が正直読みにくいのですが、豪ドル円は着々と下落の雰囲気を醸し出しています。

豪ドル円の目処は、一目均衡表から84円当たり、他のテクニカルによると、85.6円あたりが算出されています。

今から3円も下がるか?という感じですが、86円を割り切ると、下値支持があまりありません。

するする84円まで落ちる可能性は否めないところでしょう。相場に雷が落ちることを期待するのは、かなり複雑な気持ちですが、落ちるときには落ちるときで稼いでおきたいところです。

では、月曜日もよい導きがありますように、お祈り申し上げます。