昨日は見極め相場でありましたが、特にはっきりした動きがなく、方向性は定まっておりません。
現状、どちらにも動く展開に変わりないでしょう。

ただ、動きの少ない中、各通貨のモメンタムは下向きを示唆していますので、どちらかというと下方向にいく可能性が大きい模様です。

ちなみに、豪ドル円は、下向きに動いてサポートラインの91.7円あたりを割った場合、90.6円あたりまで加速する可能性があります。

豪ドル円に明確なサインが出たわけではないのですが、豪ドル米ドルがもう少し下落しそうなので、その影響を受けそうです。

それでは、今日も神様のお導きがありますように、お祈り申し上げます。