昨日は東京オリンピックの開催が決まりそうだという話でドル円が大幅に上昇し、豪ドルも上昇したので豪ドル円はものすごいことになりました。下落サインを信じて豪ドル円取引していた管理人にとっては思わぬ損切りにあってしまいました。

ちなみに管理人の場合、下落サインは様々なチャート分析から判断しています。今回はパラボリック&平均足で下落が出ていたので信じてしまったのですが、それによると損きりラインが88円。その先の損失を生まなかったのが幸いです。

さて、気を取り直して、上げ相場になりつつある為替相場ですが、ドル円が元気ですね。控えめに見積もると今のあたり、99.3円あたりが目処としてでてきます。ただ、大きく見積もると100円を超えて100.6円あたり、さらに大きくすると101.7円あたりも目処として算出されます。

下がってくるのを待って押してみても面白いかもしれません。

次に豪ドル円ですが、こちらも元気で控えめにみると90.2円、大きく見ると92円あたりまで伸びる可能性があります。こちらは、今日の豪中銀政策金利次第でしょうか。指標後の取引でも遅くないかもしれません。

ユーロ円は相変わらずだらだらしており、ユーロ米ドルはちょっと曇りがちで下落しそうです。

昨日はオリンピックネタで上がった相場ですが、そもそも東京オリンピックなんてやらないほうがよいに決まっているのです。後先考えずにお金を無駄に使いたい政府や東京都がこぞって賛成していますから、国民としては残念の極みなのであります。

もっと世界や地球のためにお金を使わなければ、この先どうなるやら、危機感を感じつつある管理人です。この危機感を明るい力に変えて、今日も精一杯取引しようと思います。

それでは、今日も世界中の皆様のさらなる幸せを神様にお祈りして。