FXの初心者にせよ、プロにせよ。大損して退場する確率は誰にでもあります。

どんなに優秀なシステムでも、完璧なものなどないからです。

もし、完璧なものがあれば、その人は国家予算に匹敵するような資金を取得することだってできるわけですが、そう簡単な話ではありません。

もちろん、運良く儲ぐことはできますし、優秀なシステムでコツコツ稼ぐことも可能なわけですが、一歩間違えて「大損して資金が吹き飛ぶリスク」がいつでも存在するのです。

では、その大損リスクを避けるにはどうしたらよいのでしょうか。

FXで大損して退場しないための方法はあるのでしょうか。

色々考えてみるに、その答えは「ポジションを控えめにとること」しかないでしょう。

自分の資金の一部、余裕資金の余裕部分を使うことが大切です。

とりわけ初心者は、自己の資金一杯で取引してはいけません。

資金一杯で取引している限り、相場が逆に進んで大損して退場というリスクがつきまとうものだからです。

たとえ、100億円あったとしても、その最大限のポジションをとっていれば、一気に何十億の損失を経験できる世界がFXの世界になります。

そのポジションが「ちょっと動いてドキドキするようなポジション」であるならば、それはリスクだらけの取引です。

リスクが大きければ「不安」や「恐怖」も大きくなり、その不安と恐怖が大きな損失を呼んできてしまいます。

一方、大損してもよい金額、たとえ失っても大丈夫な資金で取引していれば「安心感」が伴うものです。

この「安心感」は利益を呼んできてくれる心持ちといえます。

つまり、心の傾向として「安心感」をもっていれば、大損する確率を下げ、利益を運んでくれるようになるわけです。

したがって、FXで大損して退場しないためには、余裕資金で取引すること。

これが秘訣なのです。

ELLY95_pasuterukaraarenji500